blog index

産地直送 もろこし街道 農場通信

産地直送・通信販売・お取り寄せ情報
北海道・十勝・足寄の党崎農場のブロ
<< 春耕始まる(H30年) | main | 石拾い作業(H30年) >>
げっ!流氷!(鹿柵見回りH30年)
0

    平成30年4月18日(水)

     

    中足寄鹿柵利用組合では

     

    この時期

     

    当地域の里と山林の境界に

     

    張り巡らされている

     

    エゾ鹿防護柵の一斉点検を行っています。

     

     

    本日、

     

    当地域の組合員である我々農業者の出役で

     

    各班に分かれ

     

    防護柵を見回りしてきました。

     

    私の班は

     

    足寄川に架かる稲牛橋の上流です。

     

    この辺りは

     

    けわしい崖が続き

     

    農地が途切れていて

     

    離れた農地までの間

     

    川沿いに柵が張られています。

     

    大雨で洪水になると

     

    防護柵の根本まで

     

    川の水が押し寄せてくるので

     

    要注意か所で

     

    過去に何度も

     

    大規模な修理を余儀なくされています。

     

    倒木が柵の上に乗っかっていたり

     

    木柱の根本ちかくまで

     

    水の走った痕跡があり

     

    次の河川の氾濫では

     

    もたないかもという所が

     

    何か所もありました。

     

    手持ちの

     

    鋸やハンマで

     

    障害物を切断したり

     

    よじれた鉄網を

     

    木柱に打ち付けたりしながら

     

    当地域の管轄域の東端まで

    (防護柵は隣の集落の利用組合分へと

     つながっています)

     

    足寄川を上流方向に歩いていくと

     

    なんじゃこりゃ!

     

     

    表面 黒ずんでいますけど

     

    これ

     

    氷のかたまりですよ!

     

    まさに

     

    流氷じゃないですか!

     

    3月の8〜9日に降った大雨

     

    その影響で

     

    河川が氾濫

     

    まだ凍り付いていた川の表面の氷を

     

    押し流しながら

     

    水かさが増した増した。

     

    その痕跡ですね。

     

    あれから

     

    1か月以上たっているのに

     

    ゆるやかなカーブに上流から

     

    流されてきた流氷が

     

    この場所で

     

    ひっかかり

     

    貯まったんですね。

     

    泥で表面覆われている分

     

    なかなか融けないってことみたい

     

    こんな内陸の

     

    山間部で

     

    オホーツク海でもあるまいし

     

    こんなん氷の塊が

     

    ゴロゴロしてるとは‥‥

     

     

    こんなことも

     

    あるんですね〜

     

    このぶんだと

     

    まだ1か月たっても

     

    この氷融けないんだろうな〜

    | morokoshi | 鹿による食害 | 21:45 | comments(0) | - | - | - |
    コメント
    コメントする


     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    bolg index このページの先頭へ